再生企業へのコンサルティング実績

1.特徴
再生途上企業の人事制度変革には以下の特徴があります。

取り組みやすい点
  ・ 人事制度を変えなければならない大義名分が立つ。
  ・ 言い換えれば、通常の企業よりも変革できる環境に置かれている。
  ・ これからの経営を反映した抜本的な見直しができる。
  ・ 経営者と社員の意識を大きく変えることができる。

難しい点
  ・ 制約条件が多いので、変革作業の難易度は高い。
  ・ 短期間で人事制度変革を実施しなければならない経営環境にある。
  ・ 人員削減や給与削減などの重たい課題を解決しなければならない。


2.実績

一部を抜粋して掲載しております。
                                                 ※1 : 見直し開始 から 新人事制度開始までの期間

業 種上場/非上場従業員数期 間 ※1内  容
製造販売業 非上場  200名3ヶ月年功的な賃金体系からの脱却
会社業績と個人貢献度に応じた給与・賞与体系に変更
陸運業 非上場  600名4ヶ月※2
人件費20%減に伴う給与・賞与体系の変更
人事評価制度導入
退職金制度(退職金削減)変更
労働時間および労働時間管理方法見直し
  ※2 : 労働時間管理方法見直しを除いた期間
サービス業 上場2000名12ヶ月職能資格等級制度の導入
給与・賞与体系の変更
人事評価制度の変更
サービス業 非上場  200名10ヶ月役割等級制度導入
給与・賞与体系の変更
人事評価制度の導入
社員とのコミュニケーションプラン策定
製造業 非上場  250名5ヶ月職能資格等級制度の見直し
給与・賞与体系の変更
人事評価制度導入
退職金制度(退職金削減、適格年金から新退職年金への移行)
従業員意識調査と対策案企画・実施 他
販売業 非上場  150名7ヶ月3社事業統合(吸収合併と営業譲渡)
労働条件および給与・賞与体系の統一
役割等級制度導入
人事評価制度導入
退職金制度(ポイント制退職金制度)導入
小売業 非上場  300名2ヶ月人員削減プロセス指導