36協定に関する協定届について 2007/12/7

【質問】延長することができる時間は1週間15時間、1ヶ月45時間、1年360時間となりますがこれは所定働時間が8時間の会社を基本としていると思うのですが当社は所定労働時間は7時間です当社は最大何時間まで延長できるのでしょうか

 

【回答】法令上、延長できる時間は一日8時間、週40時間、年間約2080時間(週40時間×52週)を超えた時間です。

御社の所定労働時間が上記の時間を下回る場合にはその下回った時間分を法定上延長する時間に加算することができます

仮に、御社が完全週休2日の場合には、1週間の延長可能時間は20時間になります。

 

【質問】改正労働安全衛生法の「長時間労働者への医師による面接指導の実施」には80時間、100時間を越えた場合は医師の面接指導を実施するまたは面接指導に準ずる措置を講じるとありますが医師の面接を受ければ80時間100時間を越えて労働することが出来るのでしょうか

 

【回答会社の健康配慮義務を履行するものであり働きすぎの社員の健康を管理するために実施するものです。

医師の健康診断をしたからと言って80時間100時間を超える残業をさせる免罪符にはなりません