パートタイマーの社会保険加入基準は? 2010/02/16

【質問】

パートタイマーの社会保険加入基準は?


【回答】

パートタイム従業員の一日の所定労働時間および所定労働日数が、同じ職場のフルタイム従業員の概ね4分の3以上であれば、

社会保険(厚生年金保険、健康保険)の被保険者となります。 

フルタイム従業員の所定労働時間が1日8時間であれば6時間以上、所定労働日数が月20日であれば15日以上が目安となります。


パートタイム従業員の労働条件はひとりひとり様々に異なっていることが多く、「勤務日によって勤務時間が変わる」という従業員

のケースもあるでしょう。こうした場合には、パートタイム従業員の1週間の労働時間数を算出し、フルタイム従業員のそれと比較して

概ね4分の3以上であるかをみます。

 

なお、「概ね4分の3以上」という基準は一つの目安ですので、これに該当しない場合であっても、就労形態や勤務内容等から

常用的使用関係にあると認められる場合には被保険者になります。


雇用契約があいまいで所定労働時間や日数が明確ではない場合や、意図的に社会保険に加入しないような条件で雇用契約を締結

しておきながら実態は基準を超えている場合等では、実態により判断することになります。