育児のための短時間勤務について 2012/06/15

【質問】

通常勤務をしている正社員が、3歳未満の子を養育するための短時間勤務を希望しています。

社会保険料の免除を受けることは可能ですか。

 

 

【回答】

満3歳未満の子を養育するための育児休業等の期間については社会保険料が免除されますが、

ご質問のケースは休業ではありませんので、社会保険料の免除を受けることはできません。

(2014.2.12 追記: 2014年4月より産前産後休業期間中も、社会保険料が免除されます 

 

ただし、3 歳未満の子を養育するために勤務時間短縮等をおこなうことで、養育期間中の標準報酬月額が

養育開始月の前月の標準報酬月額を下回る場合には、標準報酬月額の特例を申し出ることができます。

 

この特例とは、申出によって、養育期間中の保険料は実際に受けている低い標準報酬月額で計算・徴収

されますが、将来受け取る年金額を計算する際には、養育期間前の標準報酬月額を使用するという

特例措置が受けられるというものです。

 

この措置を受けるためには、事業主経由で、会社を管轄する年金事務所へ

 「養育期間標準報酬月額特例申出書」 を提出してください。